2020年04月09日

アーカイブより: 2015年度4月の新入生オリエンテーション

 新年度が始まりました。
 新型コロナウイルス の関係で、学生さんたちはまだ収録ができる状況ではありませんので、今回も過去の音源をお送りいたします。

 音源は、2015年度4月の新入生オリエンテーションで収録されたものす。

 二期生のShiho & Nanami、懐かしいです。二人元気かな?? (編集より)

-----以下、過去記事より------ 
 言語芸術学科新入生オリエンテーション(志賀島)二日目の夜、急遽、ネットラジオの公開録音をすることになりました。予定になかった公開録音を直前に言い渡されたShiho & Nanamiでしたが、録音内容をきっちりと構成し、45分間の音声をつくりあげました。これは簡単なように見えてなかなかできることではありませんね。日頃あまり人を褒めない編集スタッフですが、今回の公開録音はよくやった!と声をかけてあげたいです。
shikanoshimaradio.jpg

 録音自体も、かなり軽快にすすみ、音声もほぼノーカットとなっております。
 どうぞ、お楽しみください。


🎧 上にプレーヤーが表示されていない場合は、こちらからどうぞ。

---------
学科の詳しい情報は、以下のURLからご覧いただけます。
<言語芸術YouTube>
https://www.youtube.com/channel/UCKRk1n3EYoYKNaDxhb4FbVA

<言語芸術学科TODAY>
http://www.fukujo.ac.jp/university/gengo/index

<言語芸術学科Facebook>
https://www.facebook.com/fukujogengo

 言語芸術学科は2013年度にスタートしましたが、それと同時期に学科の学生有志が、この言語芸術学科ネットラジオ局を立ち上げました。それ以降、毎週1〜2本のオリジナル番組を配信し続け、これまでに約725本の番組が配信されています(2020年4月現在)。全国的に見ても、これくらい活発に番組配信をしている大学生グループは珍しいと思います。最近は動画配信も始められました。活動7年目に入った今では、ネットラジオは言語芸術学科の代表的な活動の一つになってきました。
 ただ、言語芸術学科はネットラジオを学ぶ学科ではありません。この活動は、授業外の活動です。もちろん単位に関係している活動でもありません。それでも参加学生は、自分たちの力で、番組を作り、機器を使いながら収録をし、毎週定期的に番組を配信しています。
 この活動の意義は、学生が、こういった活動を通して楽しみながら、チームワーク力、また、学科の【教育目標】である言語能力・思考力、臨機応変に対応する力の向上を試みている点にあります。

言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ/アクティブラーニング系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:00| SNF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

アーカイブより:高島元学長インタビュー

 新年度が始まりました。
 新型コロナウイルス の関係で、学生さんたちはまだ収録ができる状況ではありませんので、今回も過去の音源をお送りいたします。

 音源は、2015年度4月の新入生オリエンテーションで収録された高島元学長のお話しです。
 なお、お話の中で、バッハ・イヤーに関するイベントの紹介などもありますが、2015年度当時のお話ですので、ご了承ください。

-----以下、過去記事より------ 
 志賀島で学長(高島新学長)インタビューの公開録音です。
shikanoshima1.jpgshikanoshima2.jpg

 インタビューでは、高島学長ご自身のお話、福岡女学院Bach Year(バッハ・イヤー)のお話、福岡女学院のパイプオルガンのお話(27分から)、そして、高島学長によるクラリネット演奏(40分から)などを聴くことができます。
 高島学長のご専門が音楽ということで、今回はバッハ、パイプオルガン、バッハ・コレギューム・ジャパン、クラリネットなど、音楽の話題がたくさん出てきますよ。
shikanoshima3.jpg

 なお、今回、インタビューの途中で、学長がプレゼンテーション形式でお話をされている部分がありました。その一部分は音声編集が難しかったので、カットしています。

 どうぞ、お楽しみください。(約50分です) 

🎧 上にプレーヤーが表示されていない場合は、こちらからどうぞ。

---------

学科の詳しい情報は、以下のURLからご覧いただけます。
<言語芸術YouTube>
https://www.youtube.com/channel/UCKRk1n3EYoYKNaDxhb4FbVA

<言語芸術学科TODAY>
http://www.fukujo.ac.jp/university/gengo/index

<言語芸術学科Facebook>
https://www.facebook.com/fukujogengo

 言語芸術学科は2013年度にスタートしましたが、それと同時期に学科の学生有志が、この言語芸術学科ネットラジオ局を立ち上げました。それ以降、毎週1〜2本のオリジナル番組を配信し続け、これまでに約725本の番組が配信されています(2020年4月現在)。全国的に見ても、これくらい活発に番組配信をしている大学生グループは珍しいと思います。最近は動画配信も始められました。活動7年目に入った今では、ネットラジオは言語芸術学科の代表的な活動の一つになってきました。
 ただ、言語芸術学科はネットラジオを学ぶ学科ではありません。この活動は、授業外の活動です。もちろん単位に関係している活動でもありません。それでも参加学生は、自分たちの力で、番組を作り、機器を使いながら収録をし、毎週定期的に番組を配信しています。
 この活動の意義は、学生が、こういった活動を通して楽しみながら、チームワーク力、また、学科の【教育目標】である言語能力・思考力、臨機応変に対応する力の向上を試みている点にあります。

言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ/アクティブラーニング系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:00| SNF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

SNF 44(言語芸術学科について)

 久しぶりに4年生「SNF」チームが収録してくれました。
 二人は来月卒業です。4年間を振り返って、話してくれています。
 卒業までにあと何回収録できるかな??



 You Tubeでも聞くことができます(音声のみです)

 言語芸術学科は2013年度にスタートしましたが、それと同時期に学科の学生有志が、この言語芸術学科ネットラジオ局を立ち上げました。それ以降、毎週1〜2本のオリジナル番組を配信し続け、これまでに約420本の番組が配信されています(2018年1月現在)。全国的に見ても、これくらい活発に番組配信をしている大学生グループは珍しいと思います。最近は動画配信も始められました。活動5年目に入った今では、ネットラジオは言語芸術学科の代表的な活動の一つになってきました。
 ただ、言語芸術学科はネットラジオを学ぶ学科ではありません。この活動は、授業外の活動です。もちろん単位に関係している活動でもありません。それでも参加学生は、自分たちの力で、番組を作り、機器を使いながら収録をし、毎週定期的に番組を配信しています。
 この活動の意義は、学生が、こういった活動を通して楽しみながら、チームワーク力、また、学科の【教育目標】である言語能力・思考力、臨機応変に対応する力の向上を試みている点にあります。

言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ/アクティブラーニング系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:00| SNF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする