2014年12月25日

極めつけ航海 16

 前二回、就職についての内容を配信しましたので、そのつながりで、今回は、卒業生のお話を。
 カエデさんの番組『極めつけ航海』第16回目からの再配信です。
ーーー
 今回は、スペシャル編として、ゲストの方へのインタビューです。(実は、カエデさんが別の音声収録をしている時に、偶然録音室にいらっしゃったので、急遽インタビューとなったのです・・・ラッキーでした。)
 インタビューにおつきあいくださったのは、15年前に福岡女学院短期大学英語科を卒業され、現在英国スコットランドでお仕事をされている大先輩。この方は二年間の短大生活中ずっと、自分を英語漬けにして英語力を身につけた方です。学生時代は留学もせず、とにかく、短大の先生と地道に勉強をした方。たった二年間で、それも、日本国内の勉強だけですさまじい英語力を身につけた方、いわば、英語専科の大学や学科が育てたいと思う理想の学生さんです。「高いお金を出して留学なんかしなくても、英語の達人になれるのです」。
 卒業して数年後スコットランドへ行かれ、さらに勉強され、現在は現地でお仕事につかれています。
 ブリティッシュイングリッシュには、たくさんの方言がありますが、ほとんどすべての方言がおわかりになるそうです。このレベルは本当にすごいの一言!
 お話を聞いていると、いかに英語の発音が大切かということがわかりますよ。通じればいい。発音は二の次、コミュニケーション力の方がもっと大切。こんな風潮が蔓延していますが、それがいかにうわべの学習であるかがよくわかります。
 では、お楽しみください。(約11分です)


音楽  kaede1.jpg上にプレーヤーが表示されない方は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:09| 極めつけ航海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

極めつけ航海 20: 葡萄祭インタビュー2

 10月24日に行われた葡萄祭での公開録音からです。
 今回は、言語芸術学科ネットラジオ局とTeam Happy Hillとのコラボ・ラジオドラマ『北御門シオン』に、北御門シオン役で出演したマリカさんにインタビュー。 収録の苦労話などを聞くことができますよ。
北御門シオン.png

表紙デザインは言語芸術学科の太田千智さん。

 なお、『北御門シオン』はTeam Happy Hillで販売中です。各話バラでもダウンロード購入ができます。

 では、お楽しみください。(約19分です)



音楽kaede1.jpg上にプレーヤーが表示されない方は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。 
posted by 言語芸術学科 at 11:23| 極めつけ航海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

極めつけ航海 19 : 葡萄祭インタビュー1

10月24日に行われた文化祭での公開録音からです。
 interviewOKOSHI2.jpg

 言語芸術学科ネットラジオ局が毎回音声編集でお世話になっているTEAM HAPPY HILLさん所属の声優さん、神成おこしさんにインタビュー。昨年の文化祭公開録音の際にも、お越しくださいました。 カエデさんによるインタビューは今回で2回目ですね。
interviewOKOSHI.jpg

 おこしさんは、TEAM HAPPY HILL(福岡の声優さんや役者さんと一緒に作品をネット配信しているチーム)で、ラジオドラマの声優さんをなさっている方です。ネットラジオの世界では知る人ぞ知るという有名人さんです。若い女性から年配の女性、老人(男性)までこなせる声優さんです。
 声の演技に興味のある方には、かなり興味深いお話がきけますよ。
 では、おたのしみください。(約13分です)


音楽kaede1.jpg上にプレーヤーが表示されない方は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。 
posted by 言語芸術学科 at 00:23| 極めつけ航海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする