2015年02月26日

『極めつけ航海』 15

 今回は、カエデさんの『極めつけ航海』第15回目の再放送をお送りします。
 最近は、大学を就職のための専門学校のようにとらえる人もいるように思いますが、言語芸術学科は、社会のどのような場でも必ず問われる「日本語力」「英語力」「思考力」を備えあげた学生、そして、臨機応変にものごとを対処できる学生を輩出しようとしています。「社会へ出て行く基礎を作る」わけですね。社会的な常識なども、学科のカリキュラムの中で自然に身につけて行くようになります。
 今回のカエデさんのテーマである「インターンシップ」では、そういった学科の方向性がよくわかるもののように思えます(インターンシップは、学生時代に「社会へ出て実際に働く」という経験ができるシステムです)。

 さて、カエデさんの話の中でも触れられていますが、常に自分が希望する会社にお世話になることが出来るかと言えば、それは、応募人数などにもよりますので、何とも言えません。また、思っていた仕事内容とは違ったという感想を持つ学生がいることも確かです。
 学校で紹介されるインターンシップ先は、期間中どんな仕事を学生がすることになるかという情報を開示していますので、学生はインターンシップ先を選ぶ際に、その情報をよく理解して決めることが必要です。また、一見なんでもない雑用に思えることも、その会社にとってはとても重要なことだったりもします(実際にその会社ではどなたかがなさっている仕事ですから)。インターンシップから何を得るかは、結局は、インターンシップを経験する学生がどれくらいの理解力、認識力を持っているかに大きくかかわっています。「一(いち)を聞いて十(じゅう)を知る」の気持ちで参加していただきたいと思います。
 とは言え、インターンシップ先を決定する際は、ぜひ、カエデさんのような経験者・先輩や進路就職課のみなさんにご相談ください。それが一番安心できる選び方だと思います。
福岡女学院大学には、進路就職課があり、就職に向けてのさまざまな支援プログラムが計画・実施されています。詳しくは こちら をご覧ください。
 では、お楽しみください。(約7分です)


音楽 kaede1.jpg上にプレーヤーが表示されない方は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:00| 極めつけ航海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

『極めつけ航海』 16 

 カエデさんによるオリジナル番組『極めつけ航海』第16回目の再配信です。
 今回は、スペシャル編として、ゲストの方へのインタビューです。インタビューにおつきあいくださったのは、15年前に福岡女学院短期大学英語科を卒業され、現在英国スコットランドでお仕事をされている大先輩。この方は二年間の短大生活中ずっと、自分を英語漬けにして英語力を身につけた方です。学生時代は留学もせず、とにかく、短大の先生と地道に勉強をした方。たった二年間で、それも、日本国内の勉強だけですさまじい英語力を身につけた方、いわば、英語専科の大学や学科が育てたいと思う理想の学生さんです。「高いお金を出して留学なんかしなくても、英語の達人になれるのです」。
 卒業して数年後スコットランドへ行かれ、さらに勉強され、現在は現地でお仕事につかれています。
 ブリティッシュイングリッシュには、たくさんの方言がありますが、ほとんどすべての方言がおわかりになるそうです。このレベルは本当にすごいの一言!
 お話を聞いていると、いかに英語の発音が大切かということがわかりますよ。通じればいい。発音は二の次、コミュニケーション力の方がもっと大切。こんな風潮が蔓延していますが、それがいかにうわべの学習であるかがよくわかります。
 では、お楽しみください。(約11分です)


音楽kaede1.jpg  上にプレーヤーが表示されない方は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:00| 極めつけ航海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

極めつけ航海 21

 
あけましておめでとうございます。
 みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


 2015年最初の番組は、カエデさんの『極めつけ航海』です。
 今回は、ICレコーダーによる自宅録音に挑戦。音量が安定しているので、ほとんど問題はありませんでした。これから、スケジュールの調整などで学校録音が難しい時は、この方法でやっていただきます。
 本年最初の『極めつけ航海』のテーマは、「歯」。
 最近カエデさんの歯になにかしら異変が・・・
 歯の磨き方情報もありますよ。意外な内容に驚くかもしれません。
 では、お楽しみください。(約11分です)


音楽kaede1.jpg上にプレーヤーが表示されない方は、こちらからどうぞ。

 カエデさんは、Love FM の番組「After School Music」(毎週土曜日18:00-18:55)にも、丸林広奈さん(福岡大学4年生)、鷲崎万梨子さん(西南学院大学3年生)、片淵 茜さん(西南学院大学3年生)、丸石みうさん(中村学園大学短期大学部1年生)と一緒に、女子大生DJとして出演しています。音楽やおすすめ情報などを、トークを交えて紹介するポップな番組です。こちらも、お時間のある時はぜひお聞きください。

言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています
posted by 言語芸術学科 at 00:15| 極めつけ航海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする