2014年06月01日

F3 no.26(ナツキさんにインタビュー)

 マリカ、じぇい、カエデによるトーク番組F3 です。映画の話、食の話など、その回ごとにトピックを決めてトークをします。
 今回は、言語芸術学科2年生のナツキさんをお迎えしてのお話です。
 ナツキさんは、小さい頃から書道を続けており、最終的に特待という位を得ています。特待というのは、学生の部では最高のもので、履歴書に書ける位です(書道では、級→段→特待と進みます)。
 今回もF3インタビュー、盛り上がっています。
 4人の「書道トーク」どうぞお楽しみください。(約25分です)



音楽 上にプレーヤーが表示されない場合は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:00| F3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

F3 no.25(新作ラジオドラマ『北御門シオン』と『カヨチャンネル』取材について)

 今回は、新作ラジオドラマ『北御門シオン』と、ネットラジオ局が山本華世さんの番組『カヨチャンネル』の取材を受けた時のお話です。
 昨年からNews DJやF3で活動しているマリカさんが、新作ラジオドラマ『北御門シオン』に出演しています。このドラマは、言語芸術学科ラジオドラマの『Seed 1』に出てくる生意気な小学生ナナの二年前の話です。詳しくはマリカさんの話をお聞きください。
 それから、言語芸術学科ネットラジオ局が、山本華世さんの番組の取材をうけました。F3の初めての映像資料です。お楽しみに。今月末くらいの配信だそうです。
 では、お楽しみください。(約13分です)



音楽 上にプレーヤーが表示されない場合は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
 
posted by 言語芸術学科 at 00:59| F3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

F3 no.24(朗読ワークショップのお知らせ)

 朗読ワークショップのお知らせです!
 当日講師を務める南部さんが、ワークショップの内容を説明しています。
 (約6分です)



音楽 上にプレーヤーが表示されない場合は、こちらからどうぞ。

【お知らせ】
高校生対象の朗読ワークショップを開催いたします。
 朗読による表現をテーマに、朗読について一緒に考えていこうというものです。ワークショップは2部構成となっています。
 第2部では、実際にコンテストの形式をとり、参加者と審査員の立場から体験していただきます。
 朗読に興味のある高校生のみなさん、どうぞご参加ください。観覧でしたら一般の方も参加できます。
(ただし、ワークショップ参加者については、人数の関係で、こちらで参加者の調整をする場合もありますので、ご了承ください。)

日時: 6月28日(土) 13:30より
場所:福岡女学院大学 421教室および422教室
主催:言語芸術学科
後援:福岡市教育委員会
指導:南部朱音(第30回NHK全国大学放送コンテスト朗読部門優勝者)
企画・運営: 南部朱音、糸山菜月、江越楓、福島茉莉花、四枝美紀 (言語芸術学科2年)
なお、参加には申し込みが必要です。
【申し込み締切: 5月30日(金)】
参加希望の方は、福岡女学院大学言語芸術学科 092-575-5873 までお問い合わせください。

言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:07| F3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする