2014年07月10日

F3 no.30「朗読ワークショップのお話」

 6月28日土曜日に開催されました「言語芸術朗読ワークショップ」のお話です。
 当日は、多くの高校生のみなさん、また、引率の先生方にご参加いただき、ありがとうございました。
 F3メンバーの話を聞いていただければお分りになると思いますが、当日は思いもよらぬアクシデントに見舞われ、一時はどうなるかと・・・しかし、アクシデントにもなんとか対処し、計画通りの運営にもっていけたのは、運営スタッフにとってなによりよろこび。
 参加いただいた高校生の皆さん、本当にありがとうございました。
 では、お楽しみください。(約23分です)



音楽 上にプレーヤーが表示されない方は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:33| F3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

F3 no. 29 「お題をいただきました! SNS」

 今回のF3はある意味新企画でございます。題して「お題をいただきました!」。
 F3の3人は録音当日言語芸術学科の先生から「これについて話してね〜」と怪しげな紙を渡されます。その紙には、3人で話さなければならない『お題」が書かれているのです。
 今回の「お題」は、「SNS」。さて、3人はいったいどんな話を展開するのでしょうか?
 まあ、初めての企画です。うまく行くかどうかは、神のみぞ知る!うまく行かなくても、それはそれで修行。
 では、お楽しみください。(約20分です)



音楽 上にプレーヤーが表示されない場合は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:00| F3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

F3 no.28 (朗読コンテストなどお知らせ)

 今回は、F3メンバーによる、6月28日開催の朗読ワークショップ、8月24日開催の第二回言語芸術朗読コンテスト第一次応募〆切り(6/30)のお知らせです。
 今回、めずらしくF3の収録風景をアップしております。でもなんだか変な感じでしょう?
水漏れ.JPG

 実は、録音日、コンテンツ編集室が水漏れを起こしていたのです。いつもマイクを載せているテーブルの上に天井から(ポタポタ、時にはジャバーっと)落ちた水たまりが!どうやらテーブルの真上にある空調に問題があるようです。マイクにとって水は大敵ですからね、わー、今日の録音どうしましょう?って「私は」プチ・パニック。
 が、F3の3人と録音担当の学生は、あっさりと「じゃあ、今日はマイクが濡れないようにフロアに座ってマイクは手に持ってやろう!」ですと。それで写真のような感じの収録になったわけです。施設に対する不平不満など一切なく、あっさりと問題解決です。収録もキャッキャキャッキャと、楽しそうに進みました。途中、カエデさんは肩にバシャーって水を浴びたりしてましたが、それも、「あー、大丈夫、大丈夫」と・・・いやあ、いいですよ、これは。こんな学生たちを見て、ちょっとした感動すら覚えた私です。
 では、お楽しみください。(約8分です)


音楽 上にプレーヤーが表示されない場合は、こちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 00:00| F3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする