2015年03月12日

木ノ脇学長インタビュー 奄美のお話し

 今回は4月に配信した木ノ脇学長の奄美のお話を再配信いたします。
 
 志賀島2泊3日新入生オリエンテーションの二日目。夜の公開録音は、木ノ脇学長をお迎えしてのインタビューです。奄美ご出身の学長による奄美のお話です。
 言語芸術学科の学生は、3年次に海外フィールドワーク(マンチェスター)または国内フィールドワーク(奄美)のどちらかを選択しなければなりません。前者では、英語の発音を徹底的に鍛えるプログラムや文学散歩のカリキュラムがあります。後者では、奄美の大自然のなかで、歴史や文化の探訪をしながら、フィールドワークそのものについての探求を行います。
海.JPG

 沖縄の歴史はご存知のとおりですが、奄美の歴史はそれに輪をかけて複雑なものです。しかし残念なことに、沖縄ほど注目されておりません。奄美は、幕末期や2次大戦中・後の複雑な日本の歴史を知ることができる島です。例えば、ご存知でしたか?奄美の戦後も沖縄のようにアメリカの軍政下に置かれていたことを。
マングローブ.JPG島尾.JPG

 
大自然あり(マングローブ) 知っておくべき歴史あり(特攻兵器震洋(しんよう))・・・

 言語芸術学科スタッフは、2010年から、奄美へ下見に行き、3年次の国内フィールドワークの準備をしてきました。木ノ脇学長には、この下見の段階から協力いただいております。
 2015年度(来年)、いよいよこの奄美のフィールドワークが始まります。準備に5年をかけたフィールドワークです。きっと有意義なものとなるでしょう。
 では、お楽しみください。(約44分です)



音楽 上にプレーヤーが表示されない場合はこちらからどうぞ。
言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応出来る逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
posted by 言語芸術学科 at 09:00| F3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする