2014年05月15日

F3 no.23 (映画:『時をかける少女』2010)

 今回の映画は、仲里依紗さん主演の『時をかける少女』(2010)です。
 なんだか、今回の3人の話は、少しレベルアップの感があります。感想のレベルから批評のレベルに少しだけ近づいた感じがします。なかなかおもしろいですよ。
 ところで、3月に原田知世さんバージョンについても語っています。こちらもお時間のあるときにお聞きくださいませ。
 では、お楽しみください。(約35分です)



音楽 上にプレーヤーが表示されない場合はこちらからどうぞ。

言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応出来る逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えている学科です。
posted by 言語芸術学科 at 00:00| F3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする